ドッグフード

愛犬の健康の源となるドッグフード。

たくさんの種類があるので、どれを選べばいいのか?悩んでしまいますよね。

あわないドッグフードを選んでしまうと、食いつきが悪いだけでなく、愛犬の健康を損なう可能性もあります。

この記事では、愛犬のドッグフードについて、

  • 選び方の5つのポイント
  • おすすめ商品

などについてお伝えしています。

愛犬の健康についてしっかり考えたい飼い主さんは、ぜひ読んでみてください。

愛犬のドッグフードの選び方~5つのポイント

ドッグフードを選ぶ際には、愛犬の年齢や体型、病気の有無にあわせて選んであげるといいです。

子犬にはパピー用を、老犬にはシニア用を、太り気味の子は減量食を…といった感じです。

それぞれにあった食事を選ぶとともに、以下のポイントに沿って選ぶと、より愛犬にあったフードを選んであげることができます。

総合栄養食である

総合栄養食とは、その食事(ドックフード)と水のみを与えていれば健康を維持できるようなバランスの取れた食事のことを言います。

総合栄養食以外には、

  • 間食(おやつ)
  • 療法食(病気の治療のための食事)
  • その他の目的食(ふりかけや栄養補助食品など)

があり、これらだけを与えていると健康維持ができない場合があるので、必ず主食は総合栄養食と表記があるものを選ぶようにしましょう。

缶詰やパウチタイプのものは食いつきこそいいものの、総合栄養食ではない食事も多いです。

購入時にしっかり総合栄養食の表記があるかを確認しましょう。

なお、病気で治療中の子の場合には、療法食が必要となりますので、主治医の先生と相談の上、動物病院で処方してもらうようにしましょう。

粒が小さい(愛犬の口の大きさに合っている)

小型犬に粒の大きい食事を与えると、食べづらいだけでなく、誤飲をしてしまう可能性もあります。

逆に大型犬に小さい粒のものをあげると、丸飲みしてすぐに食べきってしまいます。

そのため、愛犬の大きさに合った食事を与えるようにしましょう。

ある程度カリカリと食べられるものの方が、歯垢がつきづらくなるためおすすめです。

良質なタンパク質を使用している

良質な肉や魚を使用しているドッグフードを選ぶようにしましょう。

犬は本来、肉食寄りの雑食動物です。

そのため良質なタンパク質の摂取が健康な体を作るうえで重要です。

タンパク質はエネルギー源となるだけでなく、皮膚や筋肉、被毛や血管などの成分としても利用されます。

ここでいう良質なタンパク質とは、体内で作り出すことのできない必須アミノ酸を適度に含んだ食事のことで、適切に配合された食事を選ぶことで愛犬の健康を保つことが可能です。

原材料の表記は、使っている食材が多い順に記載されています。

トップにどんなものが並んでいるのか?いま一度確認をするようにしましょう。

添加物が少ない

人でもなるべく添加物が少ない食事を選びたいですよね。

これは愛犬にとっても同じです。

ここでいう添加物とは、全ての添加物のことではなく、合成着色料や発色剤など見た目をよくするものです。

添加物の中には酸化防止剤など必要なものもあるので、必ずしも無添加である必要はありません。

また、天然成分の添加物を使用した商品も安心できますね。

 

ドッグフードは人の食品と違って法律の規制が弱く、抗生物質や農薬などが入っている材料を使用しているケースもあります。

基本的には、AAFCO(The Association of American Feed Control Officials;米国飼料検査官協会)の基準に従い、ペットフードの栄養基準やラベル表示に関する規制があります。

ただ、必ずしもAAFCOが定める基準を満たしていることが安全であるとは言い切れないので、自分の目でパッケージの原材料や製法を確認してから購入するようにしましょう。

大手のメーカーである

犬は人と違い、毎日同じ食事をとるようになります。

そのため、ドッグフードの安全性はとても重要です。

ロイヤルカナンやヒルズプリスクリプションダイエットのようにたくさんの研究結果や販売実績があるメーカーの食事だといいですね。

必ずしも名の知れたメーカーがいいわけではないですが、ホームページなどを確認し、ある程度大手のメーカーのドッグフードだと安心して使用ができます。

おすすめのドッグフード

以上を考慮すると、良質なタンパク質が含まれており、添加物がなるべく少ない愛犬のサイズに合った総合栄養食がよいということになります。

「それでも市場にはたくさんあるので悩んでしまう…」という飼い主さんには、『アカナ アダルトスモールブリードレシピ』がおすすめです。

アカナのドッグフードは、原材料の最大75%を新鮮な鶏肉や魚、卵などの肉類が占めるドッグフードです。

これらの原材料は、人間用の食材と同じヒューマングレードとして認定されたもので、安全な食材と言えます。

『アカナ アダルトスモールブリードレシピ』は、1歳以上の全小型犬用の成犬フードであり、適量なタンパク質と栄養が豊富に含まれたフードです。

また、アカナは豊富なラインナップなため、一つの味に飽きやすい愛犬にもローテーションを組んで与えることが可能です。

姉妹ブランドである『オリジン』もタンパク含量がより高く作られているため、愛犬の健康をもっと考えたい飼い主さんにはおすすめのブランドと言えます。

【まとめ】犬のドッグフードの選び方とおすすめの食事について

ドッグフードは大切な家族のための食事です。

ドッグフードを選ぶ際には、

  • 総合栄養食である
  • 粒が小さい(愛犬の口の大きさに合っている)
  • 良質なタンパク質を使用している
  • 添加物が少ない
  • 大手のメーカーである

の5つのポイントを基準に選ぶようにしてみましょう。

ただ、結局のところは、食いつきが良い食事がおすすめです。

どんないい食事でも、食べなかったら全く意味がありません。

食いつきがよく、健康に配慮されたドッグフードを選んで、愛犬といつまでも元気に過ごしましょう!

参考資料

【参考文献、参考サイト】

  • 一般社団法人 ペットフード協会



ペット 犬用
「ドッグフード」ランキング

2023年2月8日 更新

ランキングをもっと見る

タイトルとURLをコピーしました